会社情報

沿革

昭和17年 創業社長 梅原陽三郎、個人創業。
昭和19年11月 大田区大森に大陽発条株式会社を創立。
昭和20年3月 練馬区石神井(現中央研究所)に移転、操業開始。
昭和33年2月 社名を現在の大陽ステンレススプリング株式会社に改称、資本金2,000千円で新規スタート。
昭和33年8月 資本金8,000千円に増資。
昭和35年12月 グループ会社那須工業株式会社を設立。
昭和36年5月 資本金32,000千円に増資。
昭和38年2月 グループ会社大陽精機株式会社を設立。
昭和39年5月 資本金60,000千円に増資。
昭和40年3月 資本金90,000千円に増資。
昭和41年2月 名古屋営業所を開設。
昭和42年9月 埼玉第一工場を新設。グループ会社大陽自動機製造株式会社を設立。
昭和42年11月 大阪営業所を開設。
昭和44年9月 高野台倉庫を新設。
昭和47年9月 資本金198,000千円に増資。
昭和48年5月 埼玉第二工場を新設。
昭和48年7月 池袋営業所を開設。
昭和52年7月 本社を石神井工場より分離し、練馬区三原台に新設。
昭和53年2月 資本金277,200千円に増資。
昭和56年3月 資本金360,360千円に増資。
昭和57年8月 埼玉第三工場を新設。
昭和58年3月 資本金400,000千円に増資。
昭和62年10月 仙台営業所を開設。
昭和63年2月 資本金440,000千円に増資。
平成元年11月 広島営業所を開設。
平成3年10月 静岡営業所を開設。
平成5年3月 資本金484,000千円に増資。
平成7年7月 ISO9001を全社一括で取得。(日本品質保証機構)
平成8年9月 マレーシアに現地法人大陽ステンレススプリング(マレーシア)Sdn Bhdを設立。
平成10年9月 グループ会社株式会社タイヨーセラミックスを設立。
平成10年11月 ISO 14001を本社及び全工場で取得。(日本品質保証機構)
平成12年5月 池袋営業所を本社に統合。
平成14年4月 中国の香港に現地法人大陽ステンレススプリング(香港)Co.,Ltd.を設立。
平成14年7月 品質及び環境の審査登録機関をJ-VAC(Japan Value-Added Certification Co.,Ltd.)に変更。
品質登録番号:JVAC-QM0001
環境登録番号:JVAC-EM0001
平成16年1月 タイのバンコクに第3のアジア拠点として現地法人大陽ステンレススプリング(タイランド)Co.,Ltd.を設立。
平成21年3月 08センターを新設し、高野台倉庫と石神井工場を08センターへ移転。
平成22年6月 グループ会社の株式会社タイヨーセラミックスを吸収合併。
平成24年8月 タイのチョンブリ県のピントン工業団地に初の海外生産拠点として現地法人大陽ステンレススプリングMFG(タイランド)Co.,Ltd.を設立。
平成26年2月 栃木県栃木市に渡良瀬工場を新設。
平成28年5月 静岡営業所を物流及び利便性に配慮し浜松市に移転。